CTimeトレンド

【もうすぐクリスマス】あなたの過ごし方は?ぼっちを救うSNS『CTime』を知らないと損する!?

【クリスマス】経験者に聞いた!「クリぼっち」の過ごし方ベスト3

 

もうすぐクリスマス。
毎年この時期になると、ネット上に「クリぼっち」=「クリスマス」と「ひとりぼっち」を掛け合わせた造語発言があふれ始めます。
今回はそんなクリぼっち経験者に話を聞いてわかったクリぼっち時の過ごし方ベスト3をご紹介します。

第3位 残業をする

土日であろうと関係ありません。
リア充が動き出すよりはるかに早い時間に出社し、リア充が愛の時間を育んでいる時間にも無心で働き続けるのです。
とある女性は以下のように証言しています。
「去年のクリスマス・イヴにぼっちだったので、あえて残業をしていました。帰宅してもどうせひとりで寂しいので、同僚数人とオフィスにいましたね。上司が『差し入れだよ』とケーキを買ってきてくれて、意外と楽しめました」(29歳/女性/IT)

確かにイヴの日でも通常時と変わらず、遅くまで会社に残っている人……います。
クリぼっちパーソンが複数人集まると、無意識のうちに妙な連帯感が生まれるのは悪くないものです。

第2位 正月の準備をする

「『時間ができた』と前向きに考えて、年賀状の準備や断捨離を始めます(笑)。年末の大掃除も時間かかりますよね。そもそも年賀状は12月25日までに出すことが推奨されているそうなので、クリスマスぼっちならそれやっちゃおうかと」(28歳/女性/公務員)

こういったふうに好意的に捉えている人も多いですよね。
焦ったり後悔しても仕方がないのでこういった過ごし方で充実した日にする人も多いのです。

第1位 ぼっちに大人気のSNS『CTime』を活用する

今年リリースされたばかりのSNSアプリ『CTime』をご存知でしょうか?
10~20代の利用率も高く、操作も簡単で使いやすいというのが魅力だそうです。
ところが最近このCTimeは意外な層に人気が出ててユーザーもどんどん増えてるそうなんです。

「自分と同じような寂しい人が集うSNS『CTime』の噂を聞いて、ぼっちを慰め合ったことがあります。傷の舐め合い感がありますが、こんな私でも優しく接してくれてとりあえず寂しさは紛れると思います。今もアカウントは開設したままですね」(23歳/男性/IT)

モテない人限定というわけではありませんが、コミュニティサイト・非モテ+。
「自分はモテないという自覚がある人」「一人ではつまらなく他愛もないことを喋れたりできる友だちがほしい」ユーザーも多く、クリぼっち時に覗くのには適したSNSだといえそうです。

特にこれから年末にかけて大きなイベントも多いですので、こういったSNSは利用してみたいものですね。

CTimeのダウンロードはこちら。