未分類

あなたは耐えられる?Facebookから漏れる個人情報・起こるストーカー被害とは・・・

世界中で利用されているSNSとしてトップに君臨するのは、Facebookが有名ですね。

利用者数は16臆人を超えるというから驚きです。

実は私も先日Facebookに登録してきました。

ですが・・・・すぐにやめてしまいました。

 

それは何故か?

一番の理由は、Facebookにおける個人情報の漏洩にあります。

Facebookは個人情報が漏れやすい?

Facebookといえば本名で登録する必要があります。

 

さらに居住地、出身地、勤務先など・・・・。

 

Facebookに対して一番肌で感じたことは日本人向けではない、ということです。

 

何故なら日本人はネット上だと匿名での活動を好む方が多いからです。

 

私もその一人です。

 

ただでさえ本名を晒したくないのに、Facebookに登録するとネット上でも検索結果に出てくるのです。

 

連絡先も知らない誰かに漏れてしまう?

個人情報が漏れやすいといっても、ちゃんと自衛はできます。

プロフィールの公開制限をしていれば大丈夫なのですが・・・・・。

 

大体は友達までの公開にしていて、安心している方もいるでしょう。

 

でも友達の友達から申請が来ることがあります。

 

それを承認するとその人にも自分の個人情報が筒抜けです。

 

友達の友達だからと軽く承認することもあると思いますが、

もし相手が悪意を持っていたら・・・?

 

プロフィールには自分の連絡先、メールアドレスがあります。

 

これが相手に知られることで被害に合う原因の一つとなっております。

 

アカウントを乗っ取られ、知人・友人に詐欺サイトへ誘導するメッセージが拡散される被害も出ております。

 

また、投稿画像などで居場所が特定され、ストーカーに女子高生が殺害されるという事件も起こっています。

 

個人情報が漏れやすいのはFacebookだけじゃない?

Facebookは本名での登録という時点で軽く個人情報が漏れてる感じですが、

InstagramやTwitterも、日々の投稿内容から簡単に個人を特定される危険性があります。

 

どちらもネット上で誰でも閲覧出来てしまうという点は一緒ですからね。

 

安全なSNSとしてオススメなのは日本発祥のアプリ?

Facebook、Instagram、Twitter等のSNSを触ってきた中で、

安全だと感じるのは今年リリースされたばかりの「CTime」というアプリです。

 

アプリ内のSNSなので、ネット上で検索しても個人情報や画像が出てきません。

 

登録もハンドルネームでも何でもOK。

簡単に複数のアカウントも作れます。

 

さらに日本発祥のアプリという点が一番のメリットだと感じます。

 

使い方はFacebookやTwitterと似ているので、初めてでも使いやすいです。

 

投稿する内容に気を遣うことなく、

気楽にSNSを楽しみたい方には良いかもしれませんね。

 

最大級のユーザー数を誇るFacebookは危険も多い

Facebookは皆が使っているから安全というわけではありません。

実際に詐欺被害や、ストーカーによる殺人事件も発生しております。

 

個人情報の漏洩を気にしつつSNSを利用している方も多いことでしょう。

 

折角の楽しい場に窮屈さを感じているかもしれません。

 

流行りに流されず、”自分が自然体でいられるSNS”を見直してみると良いかもしれません。