未分類

仲良し夫婦やカップルほど、アレの利用率が高い傾向

仲の良い夫婦やカップルほどアレの利用率が高いそうです!!
気になりますよね??アレ笑、おもしろいデータがあったのでそれについて書いていきます。

仲良し夫婦・カップルの理由

仲のいい夫婦やカップルほど、コミュニケーションの頻度が高いといわれる傾向があります。

今の時代でいえば、会話以外にもLINEやFacebookなどを使ってコミュニケーションを常に取っているという人も多いのではないでしょうか。こんなデータがあります。

婚活支援サービスを展開するパートナーエージェントが「子どもを持つ夫婦のコミュニケーション/ソーシャルネットワーキングサービス利用」に関するアンケート調査を実施したところ、仲のいい夫婦ほどSNS利用率が高い傾向が見られる結果となったそうです。

では、そんな仲のいい夫婦は実際にどれぐらいの頻度でコミュニケーションを取っているのでしょうか。そのあたりを紐解いていきましょう。

仲が良いほどSNS利用率が高い傾向に

今回の調査では、既婚で子供がいる30代の男女にSNSの利用状況やコミュニケーションの手段、平日・休日のコミュニケーション頻度についての回答から利用状況を調べています。

SNSの利用状況について尋ねてみたところ、「LINE」の利用率が最も高く77.0%。次いで「Facebook」(44.0%)、「Twitter」(27.4%)という順になっていました。

別の設問で、パートナーとの仲が良好かどうかを質問し、SNSの利用状況とクロス集計してみたところ、まずパートナーとの仲が「とても良好」と答えたのは31.6%、「おおよそ良好」は43.0%と、74.6%が「夫婦仲はいい」と感じているようです。

 

仲の良い二人ほど活用しているSNS

「LINE」の利用率は夫婦仲が「とても良好」「おおよそ良好」な人の利用率が80%近くに達していました。

それとは逆に夫婦仲が「全く良好ではない」人の利用率は60.8%と低くなっていて、さらに夫婦仲が「全く良好ではない」人では、利用しているSNSが「特にない」との回答も30.1%に達していました。

LINE以外のSNSにも、総じて同じような傾向があったため、仲がいい夫婦ほどSNSの利用率が高くなることがわかりました。

コミュニケーションの手段は

夫婦でコミュニケーションを取るのに、直接話す、手紙やホワイトボードなどに伝言を書き残す、電話で伝える、SNS経由で連絡するなど、さまざまな手段が考えられますよね。30代の夫婦では、どのような手段を使ってパートナーとコミュニケーションを取っているのでしょうか。

第一位:「直接会話」(77.9%)

第二位:「電話」(58.2%)

第三位:「ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)」(42.2%)

第四位:「電子メール」(37.9%)

調べてみたところ、やはり「直接会話」(77.9%)が最多で、次に「電話」(58.2%)が多くなりました。これまでは簡単な連絡は「電子メール」(37.9%)でやり取りすることも多かったのですが、現状では「ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)」(42.2%)を利用して夫婦間の連絡をしている夫婦が増えているようです。

パートナーと仲良くいるために

平日/休日共に、仲のいい夫婦ほど、コミュニケーションの頻度が高いと見て取れました。仲のいい夫婦やカップルでありたいのなら、できるだけコミュニケーションの頻度を高め、そのためにはさまざまな手段を駆使することが大切なようですね。

 

今話題のSNS『CTime』

サービス開始からまだ1年も経過していないというのに、

若い女性を中心に、今このCtimeというSNSに人がたくさん集まり始めています!

始めるなら、集中して人が集まり始めている今がお勧めです!

その理由は、有名になれるチャンスがあるからです。

このCtimeでは、投稿がランキング付けされます。

これがツイッターやインスタグラムであれば、必ず芸能人の投稿になってしまいますよね。

ですが、Ctimeはまだオープンされたばかりで有名人もまだ多くありません。

今が非常にチャンスとなっています!

これを利用してSNSで人気者になるもよし、ビジネスとして利用するもあなた次第ですね!