未分類

【平成最後の大勝負】おまえら一億円当たってもSNSで報告するなよ!絶対だぞ!!

 

もうすぐ平成が終わります。

みなさん、「年末ジャンボ宝くじ」は買いましたか?

今はロトシックスやナンバーズなど、宝くじにも色々あり、

たくさんの人が購入しています。

当然、高額当選者も出ているはず。

なのに、SNSなどで宝くじ当選報告の投稿はほとんど見かけません。

これだけSNSが普及してるのに。

当選した幸せをだれかに言いたいのに。

どうしてでしょうか?

意外と高額当選者はいる。

宝くじを買ってハズレてる人が大半だと思います。

しかし、ハズレてる人がいるなら

大当たりしてる人も一定数いるわけです。

あるデータによると、22時間に一人の割合で1億円以上が当たっているんだとか…。

参考サイト⇒NEWSポストセブン

 

こりゃ買わずにいられない!!

「買わなきゃ当たらない!」ってよく言うし。

でもちょっと待ってください。

当たったら当たったで大変なこともあるようです。

SNSが招く不幸とは?

1億円当たったらダメだとは思いつつも、

誰かに言いたくなっちゃいますよね。

身近な人に直接だと何されるか恐いから、SNSにつぶやく…。

そんなことをして

幸せの絶頂から不幸のどん底に落ちた人もいるようです。

 

中国では当選券の画像とともにSNSにアップしたら、

翌日ほかのだれかに換金されていた!

なんて事件もあったようです。

 

アメリカでは高額賞金を手にした男性が

強盗集団によって殺される事件が起きています。

写真:Techinsight

 

また、海外の宝くじは金額もケタ違い!

100億円なんてのもフツーにあります。

そりゃSNSなんかで報告したら命を狙われても仕方ありません。

「それでも言いたい!」そんなときは?

それでも当選した喜びを誰かに伝えたい!

「いいね!」されまくりたい!

って思いますよね?

人間は欲深いものです。

 

ありますよ、当選報告できるところ。

まるで宝くじの当選結果をおもいっきりつぶやけるように作られたアプリがあるんです。

今までに無い全くあたらしいSNSアプリ「CTime」

Ctimeアイコン画像

ダウンロード無料ではじめられちゃいます。

しかも「匿名アカウント」がいくつも作れるんです。

 

公開制限を設定できるCRoomという機能もありますし、

「おれ、い、い、い、い、い1億円当たっちゃったよーーー!!!」

って思いっきり叫べます。

 

よっぽど当選番号やくじのバーコード画像をアップしない限りは

他人に換金されることは無いでしょう。

金額関係ナシに色んな人と戦況報告しあうのも楽しいかもしれません。

 

今年の年末ジャンボは熱くなりそうだ。

さぁ、平成最後の大勝負といきましょうか!!!